2012年3月31日土曜日

崎陽軒のシウマイ弁当

朝テレビを見ていたら、ジャイアンツの内海投手が、崎陽軒のシュウマイ弁当が好物とか。 しかも底の経木に付いたご飯粒の食べ方などウンチクが図解入りで出ていました。  そうなんですよね、駅弁ってフタを開けた時のほのかな木の香りから、ストーリーが始まって、揺られながら、会話しながら、次のことを考えながら、いろんなことをしながら食べて、最後に経木の底に付いたゴハンを箸でねじるように取ってわずかなゴハン粒を口にして、はぁっと、満足の一息をついて終える。 冷たくなったご飯でも、わいがあるんですねー。 この経木がいい味を出していたんだなー。 たった一枚の経木の切底ですが、手間暇かけて作っております。 弁当の陰に隠れ、グッと持ち上げながら、見えたと思ったら、すぐに捨てられちゃうけど、テレビで話題にされてしまった、誇りと気恥ずかしさ。シウマイ食べたくなったー。  経木はあるけど、ここには崎陽軒がない。

0 件のコメント:

コメントを投稿