2012年12月4日火曜日

経木が出来るまで 1

11月 平地では、寒くはなっても、山の寒さは半端じゃない。 エゾ松を切りだしています。後ろに立っている木もエゾ松です。 切り口は、まん丸で真ん中に芯がある、スラーッとした木が経木にいい木です。 山々にこだまするチェンソーの響き、白い雪、澄み切った空気、スパイシーな木の香り、作業員の掃く白い息と雪を踏み固める足の音、自然と人間が溶け込んだ山奥の感触です。

2012年11月17日土曜日

10月彩色々

会社の木々が色とりどりでした。 右からメープル、はん、桜、イチョウ、いちい、タモ、エゾ松・・・たぶん
のどかな日差しとあいまって、つい感激、カメラを取って来て構図も決めずに感激した場所で撮りました。 この中の一番右はじの少しだけ写っている背の高い木が、1年中緑色を変えず、葉も落とさずに 立っているエゾ松で経木になります。 色を変えないので、永遠を意味しクリスマスツリーとしてそびえたっています。 (今度、ちゃんと紹介するね)  11月の今は、空に鮮やかな色はないですが、庭は、一面色鮮やかな木々の葉っぱのじゅうたんに敷きつめられています。 見せてくれるねー。

2012年3月31日土曜日

崎陽軒のシウマイ弁当

朝テレビを見ていたら、ジャイアンツの内海投手が、崎陽軒のシュウマイ弁当が好物とか。 しかも底の経木に付いたご飯粒の食べ方などウンチクが図解入りで出ていました。  そうなんですよね、駅弁ってフタを開けた時のほのかな木の香りから、ストーリーが始まって、揺られながら、会話しながら、次のことを考えながら、いろんなことをしながら食べて、最後に経木の底に付いたゴハンを箸でねじるように取ってわずかなゴハン粒を口にして、はぁっと、満足の一息をついて終える。 冷たくなったご飯でも、わいがあるんですねー。 この経木がいい味を出していたんだなー。 たった一枚の経木の切底ですが、手間暇かけて作っております。 弁当の陰に隠れ、グッと持ち上げながら、見えたと思ったら、すぐに捨てられちゃうけど、テレビで話題にされてしまった、誇りと気恥ずかしさ。シウマイ食べたくなったー。  経木はあるけど、ここには崎陽軒がない。

2012年3月1日木曜日

ギフトショーに出展

今年も東京ギフトショーに出展してきました。 今回は女子部が作った つみきタウン     

に人気が集中しておりました。 エゾ松経木ではボトルケースのに注目。 業者の方々の真剣さが伝わってきた、ギフトショーでした。 






2012年1月9日月曜日

またまたTVに出たよ






あけましておめでとうございます


またまたテレビに出たようです・・・・(北海道では、見れない残念)


関西テレビ ほんでなんぼ に今日出たらしい ムムム



が紹介されました・・・


くるくる回ってカチャカチャ からくり貯金箱です。 作って楽しんで 飾って見とれて 貯めて使ってください。


お店にない時は、送料代ひきで2400円で送ります。 

2011年12月8日木曜日

突然のテレビ放映













12月8日 テレビに放映 NHK ネットワーク北海道 6:10~6:45 のうちのなんと 1分間 経木工場が出ます。 NHKのスタッフのみなさんテキパキと、撮影されて行きました。 キャスターの深田ひとみさんのファンもいて、にこやかに収録されました。 北海道だけのわずか1分間の放映ですが見てください。  

2011年8月26日金曜日

被災地とお札箱

先日福島第一原発から、僅か33キロ離れた所に住む、お得意さんが見えられました。  とても、被災地から来られたとは思えないほど、明るく前向きな方々でした。  原発から30キロまでは、見舞金?が出るのに3キロの差など気にも留めずに、初めて訪れた弊社に、たった2時間だけ滞在してまた飛行機で帰られました。 すごい。

上のお札箱や塔婆を神社仏閣に収めております。

さすが神様や仏様に収められているだけあって、災害にもめげずに未来を前向きに、見られていると、こちらの方が力をいただきました。             

そんなこんなしている時に、社長の友達の池上さんの編集された、心をつなぐニュースを分けてもらいました。 希望と耐え忍ぶことで力が湧いてくることが、教えられたような気がします。